J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年09月号

CASE.1 アクセンチュア リーダーがリーダーから学ぶ 経営トップからマネジャーへ 「私塾」でつなぐ力

「DNAが薄まる」業務拡大に伴い人員が倍増したコンサルティング企業が鋭敏に感じ取った危機。DNAを核に人と人のつながりを取り戻すには――。
 「私塾」という場で、リーダーが次のリーダーと語り合うことで縦・横・斜めのコミュニケーション力を培い、アクセンチュアらしさをつないでいく。同社の取り組みを追った。

残り:3,178文字

/

全文:4,237文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

田中 聡史 氏 人事部 ケイパビリティ・デベロップメント シニア・マネジャー

岩下 千草 氏 人事部

アクセンチュア(日本法人)
1989年創業、1995年設立。経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを行う。グローバルでは、世界54カ国200都市以上に拠点を持ち、26万名以上の従業員がいる。
資本金:3億5,000万円、従業員:約5,000名(2013年5月31日現在)





[取材・文]=西川 敦子 [写真]=編集部