J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年10月号

めざせ☆経営型人事 書籍に学ぶビジネストレンド 第7回 「経営学」は全てのビジネスに通じる

ビジネスのトレンドを知っておくことは、経営や人材を考えるビジネスパーソンにとって必須。本連載では、データバンクに勤め、1日1冊の読書を20年以上続けてきた、情報のプロが最新のビジネストレンドと、それを自分のものにするためのお薦めの書籍を紹介する。

菊池 健司(きくち けんじ)氏
日本最大級のビジネス&マーケティング情報提供機関であるマーケティング・データ・バンク(MDB)所属(URL:http://mdb.jmar.co.jp/)。人事・研修関連セクションでは社員選抜研修の一環でMDBを利用する傾向が増加中。顧客とのコミュニケーションにおいては豊富な知識が欠かせず、読書を通じてさまざまな分野の情報を貪欲に収集している。モットーは、「1日1冊」「週末精読」。E-mail:Kenji_Kikuchi@jmar.co.jp

前号では空前のブームともいえる「統計学」を取り上げた。今回は全てのビジネスの礎となる「経営学」にフォーカスを当てる。経営学も統計学に負けず劣らず、今ビジネスパーソンが最も関心を持つ領域の1つだろう。経営学を学ぶ必要性は近年高まっている。業績を拡大している企業がどのような手法で成功しているのか、逆に業績苦戦の企業はどうか?「経営学」の視点から説明できる内容は多々ある。逆にこの視点がないと、これからのビジネスシーンや事業発展の構図を読み解くことはおそらくできないはずだ。こうした背景からか、最近は人事研修において、「経営学」をカリキュラムに組み込む企業や機関が増えていると聞く。当然の流れだと思う。今もなお、日本において絶大なる人気を誇るドラッカー本はもちろんのこと、ここにきて、どちらかといえば古典の部類に入るテイラーの科学的管理法がまた脚光を浴びるなど、書店店頭を見ていても興味の程は明らかだ。昨今のMBA本や「ハーバード」「スタンフォード」本の増加も間違いなくこの流れである。最近では、今年4月に発刊された三谷宏治氏の『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は“400ページを超えるビジネス書は売れない!”という業界のジンクスを破り、リアル書籍・電子書籍共にベストセラーとなっている。「経営学」を学ぶ方法は数あれど、ビジネスパーソンが仕事に活かすという観点からは以下の3つの方法が考えられる。1.特定の戦略のみならず、代表的な戦略をまとめている書籍を読む2.日本や世界のトップ経営者の書籍から学ぶ3.歴史小説から経営を学ぶ1.については、何事も広い視野で基本を押さえることが大事! ということである。まずは前述の『経営戦略全史』や『経営戦略論入門』(PHPビジネス新書)をお薦めしておく。2.については、ヤマト運輸の宅急便創始者である小倉昌男氏の『小倉昌男 経営学』(日経BP社)があまりにも有名だ。発刊から15年近くが経過した今でも語り草のように読み継がれている。最近のトピックとしては、日経ビジネスの人気連載を書籍化した『日経ビジネス経営教室』シリーズに注目だ。3.の歴史小説は、ファンが多いので詳細は割愛するが、童門冬ニ氏の戦国武将本をはじめ、示唆に富んだ名著が多い。もしかしたら、経営学になかなか関心が持てない方もいるかもしれない。その場合、企業ストーリーなど読みやすい本から始めてみてほしい。それにしても、経営学関連はお薦め本が多い。この由緒ある学問から人材育成はもちろん、経営全般に関するヒントを得てほしい。もはや必須だと思う。次号のテーマは「発想力」(これも大事!)である。乞うご期待。

1.『経営戦略全史』

三谷宏治著/ディスカヴァー・トゥエンティワン/2,940円/2013年4月約100年の経営戦略の歴史をひもといた貴重な1冊。主要経営論を楽しみながら学べる。ぜひ、この内容もボリュームも分厚い本書にチャレンジしていただきたい。

2.『ヤバい経営学』

フリーク・ヴァーミューレン著/東洋経済新報社/1,680円/2013年3月

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,085文字

/

全文:2,169文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!