J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年11月号

Column 1 Evernoteが引き起こす 企業と個人のオープン化

インターネットの発展により、考えられないほどの情報を個人が手にしている。その情報社会においてITツールを使いこなす重要性が増しているが、どうしていいのかわからない人も多い。そこで、本記事ではツールを提供する企業―― “外部脳”と呼ばれる『Evernote』の開発・提供を行う――Evernote社にどのような未来を実現したいのかを聞き、ITツールの本質を紹介する。

残り:1,581文字

/

全文:2,108文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

井上 健 氏
エバーノート日本担当 ジェネラルマネジャー

Evernote Corporation
米シリコンバレーに本社を構えるベンチャー。2008年に、情報を蓄積するクラウド・サービスを提供する事業を開始。世界で7,500万人のユーザーを獲得。米本社、東京を含む世界10 拠点にオフィスを有する。従業員数:約330名(2013年9月30日現在)

[取材・文]=西川敦子 [写真]=浦上毅郎