J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年12月号

グローバル調査レポート 第4回 今こそ求められる人事機能の大転換 ~2013 Towers Watson HR Service Delivery Surveyから~

今回は、「2013 Towers Watson HR Service Delivery Survey」からである。HR Service Deliveryとは、「人事のサービス・機能の提供のあり方」を意味する。この調査は、人事部門の役割・機能・サービス内容・生産性や人事部門が直面する課題、人事情報テクノロジー等に関し、タワーズワトソンが過去16年にわたり毎年実施しているものである。そこからわかった、今後の人事部門がめざすべき方向性と具体策とは。
実施:2013年1月~2月有効回答:グローバル企業1,025社

残り:4,499文字

/

全文:5,998文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

鈴木 康司(すずき こうじ)氏
タワーズワトソン HRトランスフォーメーション・HRテクノロジータレント・リワード セグメント データ・サーベイ・テクノロジー部門 ディレクター
中国・アジアをはじめとしてグローバルに展開する日系企業の組織・人材面でのコンサルティングに従事。主に、海外拠点の可視化、グローバル人事の構築・導入支援、次世代リーダーの育成、サクセッションプラン等のコンサルティングをメインで担当。