J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年12月号

連載 人材教育最前線 プロフェッショナル編 現場経験が生み出す会社と日本を変えていく組織開発

人々と社会の課題を情報技術で解決する「課題解決エンジン」をビジョンに掲げるヤフー。そんな同社の人材開発を担っているのが、ピープル・デベロップメント本部 組織開発室 室長の吉田毅氏である。現場で多くの上司や部下と共に、いくつものプロジェクトに携わってきた吉田氏は、その経験と行動力で人事制度改革を牽引している。「インターネットが持つ可能性で、日本、そして世界をより良くしたい」と語る吉田氏。手がける組織・人材開発の取り組みが日本企業のモデルケースとなり、日本全体の活性化に貢献する日をめざしている。

残り:3,416文字

/

全文:4,554文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

吉田 毅 (Takeshi Yoshida)氏
2003年ヤフー入社。営業企画やウェブプロモーションなどの分野で13のチームの立ち上げと運営に携わり、さらに、インターネットのオープン化推進企画を通じて同社の事業拡大を推進する。2012年4月、人事本部に異動。同年7月より組織開発室室長を務め、現在に至る。

ヤフー
1996年設立。インターネット広告、イーコマース、検索エンジン、ポータルサービス等を提供。“課題解決エンジン”を企業理念に掲げ、インターネットを通じて、人々の生活を豊かにすることをめざす。
資本金:80億3,700万円、連結売上高:3,429億8, 900万円(2013年3月期)、連結従業員数:4,514名(2013年6月30日現在)

取材・文・写真/髙橋真弓