J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年12月号

CASE.4 ベネッセコーポレーション 実務家が語る④ 試行錯誤を重ねた「攻め」の20年

「福武書店」から「ベネッセ」へ。
先を見続ける経営に合わせて、人事制度も大胆に変更してきた同社。
この20年は、大胆な変更とその調整の繰り返しだったといっても過言ではない。
同社の「攻め」の姿勢が表れた20年を振り返る。

残り:3,703文字

/

全文:4,937文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

村上久乃氏人財部 部長 兼 ベネッセホールディングス グループ人財開発部
流郷紀子氏人財部 人財開発課 課長

ベネッセコーポレーション
1955年に福武書店として創業。「教育」中心の会社から、「海外教育」「生活」「シニア・介護」「語学・グローバル人材」を含めた5領域に事業を展開、2009年10月より持株会社体制に移行した。ベネッセコーポレーションの名称は新設分割会社に引き継がれ、現在は、通信教育『こどもちゃれんじ』『進研ゼミ』など学校外教育を行う「教育」と、『たまごクラブ』『ひよこクラブ』や『サンキュ!』などの雑誌で、女性やその家族を応援する「生活」を主な事業とする。資本金:30億円、売上高:2,447億円、従業員数:3,378名(2013年4月現在)

[取材・文]=木村美幸 [写真]=本誌編集部