J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年12月号

CASE.2 NTTデータ 実務家が語る② 急激なグローバル化に、細やかなプロフェッショナル人材育成で対応してきた20年

成果主義、ダイバーシティ、そしてグローバル化。時代の要請を好機と捉え、節目節目で人材育成や評価制度のバージョンアップを図ってきた。その視線の先には、日本を代表するシステムインテグレーターからグローバルトップ5プレイヤーをめざす姿がある。真のプロフェッショナルとなるために一人ひとりが何をすべきかを明確化する組織を、どのように実現していったのか。

残り:3,344文字

/

全文:4,458文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

忽那 太郎 氏 執行役員 人事部長

NTTデータ
1988年、NTTから分離し設立。近年は積極的なM&Aによってグローバルビジネスが急成長、現在、拠点は世界34カ国にわたる。資本金:約1,425億2,000万円、グループ売上高:約1兆3,000億円、グループ従業員数:6万1,369名(2013年3月期)

[取材・文]=道添 進