J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年12月号

CASE.1 イオン 実務家が語る① 「教育は最大の福祉」を貫いた20年

国内最大規模の小売グループであるイオン。創業以来、積極的な社員教育の伝統が脈々と受け継がれ、グループの成長を支えてきた。次なる目標は2020年の小売業アジアナンバーワン。そのための人材戦略キーワードは「多様性」だ。

残り:3,389文字

/

全文:4,519文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

石塚 幸男 氏 グループ人事最高責任者

イオン
1969年、前身となるジャスコが誕生。その後、社名をイオンへと変更し、現在はイオングループとしてGMS(総合スーパー)事業を核にディベロッパー、金融、専門店、サービスなど12の事業を展開。売上高に当たる営業収益は2期連続で国内小売首位。
資本金:1,990 億5,400万円 グループ営業収益:5兆6,853億円、グループ企業数:約250社、グループ従業員数:約41万人

[取材・文]=熊谷 満 [写真]=イオン提供、本誌編集部