J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年12月号

第1特集300号特別企画 この20年の人材戦略史

バブル崩壊、リーマンショックを経験した日本経済。長期間にわたる景気の低迷と市場の縮小、雇用労働環境の変化等が起こり、企業側も個々人にも方向転換が迫られる時期であった。企業の人材戦略も紆余曲折を余儀なくされ、企業の人材教育費にもコストダウンのメスが入れられた。そうして、環境が激変したこの20年、日本企業の人材戦略にはどのような変遷があったのか。うまく運んだ点や課題とは。それらを識者や実務家の視点で整理し、過去から学ぶべき点を明らかにして、次号2014年1月号「これからのHR展望」特集へとバトンをわたす。

日本の1990年代から2010年代までは、「失われた20年」という否定的な言葉で語られてきた。しかし、これには諸説ある。2013 年の8月にも、TheNew York Timesに、『語られ始めた「日本の失われた20年はウソ」という真実』(The Myth of Japan’s Failure,byEamonn Fingleton)という記事が掲載され、日本経済新聞電子版8月29日に翻訳版が転載された。

記事によれば、1991年から2012 年にかけて、米国の労働人口は23%も増加したのに対し、日本は0.6%※1。労働人口が増えていないのだから、1人あたりの生産性はかなり伸びたはずであり、成長率も速い。日本の20 年は“失われて”などいなかった、というものである。

また、日本の他のメディア※2でも、資本生産性とTFP(全要素生産性)と一人当たりGDPを分析し、「実は生産性は向上していた」ことを論じているものがある。しかし、そうしたメディアも、なぜそういう計算になるかは、より分析が必要である、としている。この20 年が失われていたのかいなかったのかは、マクロ、ミクロ的視点による、さらなる研究・考察が必要である。

その研究は他にゆずるとして、今回、小誌の「300 号特別企画」特集では、この20年間の人事・人材開発における変化を振り返った。

企業の実務家と、人事管理・経営戦略の研究者に取材し、日本企業のこの20年の活動から学び、修正すべきことと、今後も守り抜いていくべきことは何なのかを整理した。

キーワードは、大まかには以下に集約されるようである。

納得性の高い評価制度

次世代経営者育成、選抜教育

職場の多様性の高まり・人員構成

コミュニケーション

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:503文字

/

全文:1,006文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!