J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年08月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 提言できる人事が個人、組織と社会を変えていく

企業コンサルタントから転身し、人事として日本企業の成長を後押しするAIG富士生命保険の人事部長、古川明日香氏。コンサルタントとしての経験があるからこそ見えてくる現場が抱える課題や、「人事」という組織そのものの問題を、経営者と現場の双方の目線から探る。自身の付加価値を追求し、「提言する人事」として、同社で確立しようとしている新たな育成体制は、単なる研修プログラムや仕組みではない。社員一人ひとりの成長のタイミングを捉え、タイムリーに教育の機会を提案する古川氏ならではのものである。

残り:3,380文字

/

全文:4,507文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人事部長
古川 明日香(Asuka Furukawa)氏
シティバンク、マーサージャパン、ダノンジャパンを経て、2013 年AIG富士生命保険入社。マーサージャパン時代は組織・人事コンサルタントとして多くの国内外企業の人事戦略をサポート。2011年、「日本の人事を内側から変えたい」という想いからダノンジャパンに就職。企業内人事として現在に至る。

AIG富士生命保険
1996年、富士火災海上保険の子会社「富士生命保険」として設立。2010年に親会社である富士火災海上保険がAIGグループ入りしたことに伴い、同社もAIGグループの1社となる。2013年AIG富士生命保険に社名を変更。
資本金:130億円、保険料等収入1106億4900万円(2014年3月期)、従業員数:524名(2014年3月末現在)

取材・文・写真/髙橋 真弓