J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

CASE.1 キヤノンマーケティングジャパン  熱さは、風呂でいえば「45℃」 何度も厳しくフィードバックし基本行動を染み込ませる

キヤノン製品や関連ソリューションのマーケティングを行うキヤノンマーケティングジャパンでは、新入社員に対し、身だしなみ・ビジネスマナー・報連相などの基本行動とロジカルシンキングを重点的に身につける研修を行っている。
その特徴は、何度も繰り返し、厳しく指導するという点だ。
「風呂の湯でいえば45℃」という“ 熱い”研修とは、どんな様子なのだろうか。

残り:3,291文字

/

全文:4,388文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


額田 泰介 氏 人事本部 人事企画部 課長

キヤノンマーケティングジャパン
1968年設立。キヤノン製品や関連ソリューションのマーケティングを行う。
“Beyond CANON, Beyond JAPAN”を旗印に、新規事業の創出や商社機能を強化することで、グループのさらなる「成長と変革」を推進中。
資本金:733億300万円、連結売上高: 6572億1500万円、連結従業員数:1万8409名(全て2013年12月31日現在)

[取材・文]=木村 美幸 [写真]=キヤノンマーケティングジャパン提供、本誌編集部