J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

OPINION 1 「働く構え」とは何か ~動的な人材教育のすすめ~ スキルや思考法の研修以前にやっておくべき意識転換

新人・若手社員の育成に頭を抱えている企業が多い。以前のように厳しく叱責すると、パワハラで訴えられたり、あっさりと辞めてしまったりする。それを恐れて腫れ物に触るように接していたのでは、いつまでたっても一人前に育たない。インターネットやスマートフォンの発達により、コミュニケーション環境が激変している影響もありそうだ。今の若手社員に対しては、「働く構え」をまず示す必要があると主張する秋山進氏に話を聞いた。

残り:3,797文字

/

全文:5,063文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

秋山 進(あきやますすむ)氏

プリンシプル・コンサルティング・グループ代表取締役。リクルート入社後、事業企画に携わる。独立後、経営・組織コンサルタントとして、各種業界のトップ企業から、外資、財団法人などさまざまな団体のCEO補佐、事業構造改革、経営理念の策定などの業務に従事。現在は、経営リスク診断をベースに、事業継続計画、コンプライアンス、エグゼクティブコーチング、人材育成などを提供するプリンシプル・コンサルティング・グループの代表を務める。京都大学卒。麹町アカデミア代表取締役学頭。著書に『「一体感」が会社を潰す』(PHP研究所)『、社長の思いが伝わる「ビジョン検定」のすすめ』(共著:日本能率協会マネジメントセンター)などがある。

[取材・文]=坂田 博史 [写真]=プリンシプル・コンサルティング・グループ提供