J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

特集1 働く構えをつくる新人育成

毎年、「自動ブレーキ型」※1や安定志向※2など、何かしら、新入社員や若手の傾向について報道や調査報告が行われる。そうした、毎年何らかの特徴的傾向はありながらも、新入社員や若手社員の育成について、いつの時代も重要なこととは、社会人人生の最初の時期に、“今後働いていくうえでの心構え”をいかに育むのか、ということではないだろうか。
それさえあれば、どんなに環境が変化しても、対応していく自己をつくることができるからだ。
本特集では、“働く構えをつくる”ことの重要性と、その育み方について、オピニオンの知見と先進事例から紹介する。
※1 平成26年度新入社員の特徴(日本生産性本部)
※2 2014年度新入社員「会社や社会に対する意識調査」(日本能率協会)など

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!