J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年09月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 グローバル化の成功には崖っぷち経験が不可欠だった

創業1919年という、ポンプメーカーのパイオニア、酉島製作所。国内では上水道施設や下水処理場、排水機場向けなどを中心に多種多様なポンプを、さらに海外では海水淡水化プラントや発電所などにハイテクポンプを提供している。
世界100カ国以上で自社製品を販売し、15カ国に拠点を広げるなど、目覚ましいグローバル展開を遂げている同社。だが専門性の高いハイテク機械だけに、その途上には予想もつかない苦労があった──。
「人材は増やせなかった。だから質を上げることで勝負した」と語る原田耕太郎代表取締役社長に、その経験を聞いた。

残り:4,869文字

/

全文:6,492文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

原田 耕太郎(Kotaro Harada)氏
生年月日 1961年10月2日
出身校 早稲田大学商学部、英国バース大学経営大学院 (MBA取得)
主な経歴
1984年 4月 大和銀行 入行
1997年 6月 大和銀行 退社、酉島製作所 入社
1999年6月 取締役
2001年 6月 常務取締役 営業本部長
2004年 6月 代表取締役 専務営業本部長
2006年 6月 代表取締役社長

酉島製作所
1919年に設立された、老舗ポンプメーカー。2003年以来、果敢にグローバル展開を果たし、2013年には米国の回転機器メーカーFEDCO社の株式を50%取得している。資本金:15億9300万円、連結売上高:459億8500万円(2014年3月期)、連結従業員数:1472名(2014年3月31日現在)

インタビュー・文/西川 敦子 写真/直江 竜也、酉島製作所提供