J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2014年03月号

調査レポート:JMA「日本企業の経営課題」 経営課題の本質は「人材の強化」 新しいものを生み出す実行力をいかにして育むか

日本能率協会(JMA)は2013年11月、「日本企業の経営課題調査」の結果を発表した。この調査は、毎年行っているもので35回目となる今回は662社から回答を得た。本稿では調査結果を紹介しながら、今回のテーマである「戦略と実行の推進」を踏まえ、人と組織を中心とした実行力の強化にフォーカスし考察する。

残り:5,059文字

/

全文:6,745文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

日本能率協会 理事 JMAマネジメント研究所長
柴野 睦裕(しばの むつひろ)氏
経営コンサルティング企業を経て、1982年に日本能率協会入職。教育事業プログラムディレクター、産業振興事業プロジェクトマネジャーを経て、2003年産業振興本部長。2010年経営・人材ユニット長。2006年からは理事も務める。2012年より現職。

JMAマネジメント研究所 主管
大和 佐智子(やまと さちこ)氏
民間シンクタンクを経て、1985年に日本能率協会入職。管理者向け通信教育テキストの編集、経営関連書籍の編集部、1995年から雑誌編集、1999~2011年まで経営誌の編集長を務める。2012年から現職。