J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

Learning Design 2019年03月刊

特集1 最新組織論から考える 動ける・変われる 組織の秘密

「ティール組織」「ホラクラシー」など、新しい組織の在り方に関する理論が昨今、話題になっている。これは、時代やビジネス環境の変化にともない、従来までの組織の在り方が通用しなくなってきていることを、多くの人が感じている表れなのだろう。
では、柔軟に変化に対応しながら目標を達成し、個人も自発的に動くことができる組織は、どんな特徴をもつのだろうか。動ける・変われる組織に、徐々に近づいていくためには、まずはどこから手をつければいいのだろうか。
新しい組織論を学びながら、組織の形と個人の関係や、今後のラーニングデザインについて考える。

残り:0文字

/

全文:0文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

Image by Norbert9/Shutterstock.com