J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2018年03月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 人を見て、信じて、任せきる 徹底した信頼が、人を育てる

川崎重工業は、モーターサイクルから航空機、さらには産業用プラントなど多彩な事業を展開する総合エンジニアリングメーカーである。
総合職としての女性採用が始まって4 年目に入社した稲井氏は、情報システム部門を皮切りに、異動先で次々と未経験の業務を任されながらも、着実に成果を出してきた。
今、自らのキャリアを振り返って成長につながったと感謝するのは、可能性を信じて任せてくれた上司の存在だという。

残り:3,625文字

/

全文:4,833文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


川崎重工業
人事本部
人財開発部 部長

稲井三枝(Mie Inai) 氏
1988 年入社。情報システム部門、労働部福祉グループ、人事労政人事・教育グループ、人事部ワークネット室を経て2015年に人事部副部長、人事企画課長、ワークネット室副室長を兼任。2017年より現職。

会社紹介
川崎重工業
1878年、創業者川崎正蔵が東京に造船所を開設。1896年、株式会社川崎造船所を神戸で創立。以来120年以上、造船、鉄道車両、航空宇宙、エネルギー関連、二輪車、産業用ロボットなど幅広い事業を展開する。
資本金:1044億8400万円(2017年3月末現在)、連結売上高:1兆5188億3000万円(2017年3月期)、連結従業員数:3万5127名(2017年3月末現在)

取材・文/竹林篤実 写真/編集部