J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2018年01月号

働き方改革2 褒めの文化と挑戦する風土 一人ひとりの才能を開花させろ! 「強みを活かす」育て方

チャレンジングな事業展開やユニークな人事制度で、
注目を集めるサイバーエージェント。人事部門トップの曽山哲人氏は、
機動力のある組織づくりに「強みを活かす」ことは不可欠であり、
それが、働き方改革にもつながると説く。その真意とは。

残り:4,715文字

/

全文:6,286文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


曽山哲人(そやま てつひと)氏
サイバーエージェント 取締役 人事統括

上智大学文学部卒業後、伊勢丹(現・三越伊勢丹ホールディングス)で紳士服販売及びEC サイトの立ち上げに従事。1999年、サイバーエージェントに入社。インターネット広告事業部門の営業統括を経て、2005年、人事本部長、2008年、取締役に就任。2016 年より現職。採用、育成、組織活性化などの取り組みに加え、ブログやSNSを使った発信にも精力的。近著に『活躍する人のセオリー 強みを活かす』(PHP研究所)。

サイバーエージェント
1998 年設立。インターネット広告事業からスタートし、現在は国内最大のブログサービス「Ameba」、インターネットテレビ局「AbemaTV」、スマートフォン向けゲームアプリの提供などさまざまなネットサービスを展開。インターネット関連領域の、スタートアップ事業にも積極的に取り組む。
資本金:72 億300 万円(2017 年9 月末現在)、連結売上高:3713 億6200 万円(2017 年9 月期)、連結従業員数:4494 名

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部