J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2018年01月号

スペシャル対談 “20世紀的発想”を脱ぎ捨て、 新しい働き方、学び方にシフトしよう

「働き方改革」に取り組む企業が増えている。
働き方の変化は働く人の学びにどのような影響を及ぼすのだろうか。
そして、人事は今、何ができるのだろうか。
日本の人材マネジメント、人材開発研究のトップランナー、中原淳氏と海外における人材開発の潮流に詳しい中原孝子氏による「中原×中原対談」をお送りする。

残り:3,925文字

/

全文:5,233文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


中原 淳(Jun Nakahara)氏
東京大学大学総合教育研究センター准教授。著書に『職場学習論』『経営学習論』『活躍する組織人の探求』『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長論』など多数。
Blog:http://www.nakaharalab.net/blog/
Twitter ID:nakaharajun

中原孝子(Koko Nakahara)氏
インストラクショナルデザイン代表取締役/ ATDインターナショナルメンバーネットワークジャパン 理事(副代表)。岩手大学卒業。米コーネル大学大学院に学び、シティバンク、マイクロソフトなどを経て、インストラクショナルデザイン設立。

取材・文/井上 佐保子 写真/大崎 えりや
Illustration by Creative Stall/Shutterstock.com