J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年11月号

企業事例 富士通エフ・アイ・ピー 次期幹部社員の選抜と育成 育成重視にシフトした アセスメントセンターの活用法

データセンターを基盤に、クラウド時代のサービス・ソリューションを提供する富士通エフ・アイ・ピー。同社では、次期幹部社員の選抜において、日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)が提供する「アセスメントセンター」を10年以上にわたり活用している。最近ではさらに、育成を重視した新たな取り組みを始めているという。その背景やアセスメントセンターの特長について、同社の坂井康弘氏、川尻雅之氏、川村祐美氏に聞いた。

残り:1,784文字

/

全文:2,378文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


坂井康弘氏
富士通エフ・アイ・ピー
人事統括部長(兼)人材開発部長

川尻雅之氏
富士通エフ・アイ・ピー
人材開発部長代理

川村祐美氏
富士通エフ・アイ・ピー
人材開発部

●お問い合わせ先
株式会社日本能率協会マネジメントセンター
アセスメント事業本部
〒103-6009 東京都中央区日本橋2-7-1
東京日本橋タワー
TEL:03-6362-4347
E-mail:ac_pr@jmam.co.jp
URL:http://www.jmam.co.jp/hrm/assess/