J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年11月号

経営幹部に必要な 「人間力」は 「己を知る」ことから始まる

VUCA ※とも言われる社会状況、企業統治の透明性を求めるコーポレートガバナンス・コードの導入などにより、経営の舵取りを担う幹部の重要性は高まるばかりだ。そんな中、「経営幹部は『人間力』を高めるべき」と主張するのは、日本大学商学部教授の外島裕氏と、絆人事コンサルティングの野村正憲氏だ。なぜ人間力が重要なのか、また、人間力の高め方などについて両氏に聞いた。


外島 裕氏
日本大学 商学部教授
経営心理学

野村正憲氏
絆人事コンサルティング代表

●お問い合わせ先
株式会社日本能率協会マネジメントセンター
パーソナル・ラーニング事業本部
〒103-6009 東京都中央区日本橋2-7-1
東京日本橋タワー
TEL:03-6362-4340
E-mail:mymotto@jmam.co.jp
URL:https://www.jmam.co.jp/hrm/mymotto/

※VUCA……Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をつなげた言葉。現代の予測困難な社会経済状況を表している。

経営幹部に必要な「覚悟」

経営幹部の要件とは何だろうか。経営戦略や財務・法務などの知識・スキルはもちろん必要だが、「それ以上に、何よりも『覚悟』が必要」と、人事コンサルタントの野村氏は話す。

「企業における役職者の覚悟は、階層が上がるほど、高いレベルが求められます。ただ、課長、次長、部長くらいまでは、延長線上に少しずつレベルが上がっていくような感じですが、経営幹部ともなると、求められる覚悟のレベルは一気に高まります。それだけに、覚悟が固まっていないまま幹部となり、職責を十分に全うできていないケースがよく見られます」

経営に関する知識やスキルは教育が可能だが、覚悟は自分で固めなければならない。そのためのベースとなるのは「人間力」だという。近年、相次ぐ企業の不祥事を背景に、経営者の倫理観や誠実さを重視した「オーセンティック・リーダーシップ」の考え方も注目されている。

「経営者が誠実で信頼できる人物かどうかを、従業員だけでなく、顧客や投資家など、あらゆるステークホルダーが注視しています。それだけに、人間力を磨くことは、経営幹部としての最大の責務と言えます」(野村氏)

自身の「内面」を理解する

「覚悟や人間力とは、言い方を換えれば、自分が生きていく上で何が大切かを腹に据えるということです」と話すのは、大学で経営心理学を教える外島氏だ。

「経営幹部は、自分のことを理解していることが大切です。心理学用語で言えば『メタ認知』です。自分のことが分からなければ、覚悟も定まりませんし、セルフマネジメントもできません。自分の弱みも含めて、自分のことを分かっている、という心の持ち方が大切なのです」

経営幹部になると、業績や社内のルール、ステークホルダーなど、とかく外に目が向きがちだ。それらはもちろん大事だが、その前提として、自分自身を理解していることが必要というのだ。

「リーダーシップは、これまでは『インターパーソナル(対人関係)』の側面ばかりが注目されてきました。しかし、他者へ影響力を持つには、まず『イントラパーソナル(個人の内面)』の側面を磨くことが欠かせません。例えば、経営幹部にどれだけ知識やスキルがあっても、それだけでは部下たちはその人についていきたいと思わないでしょう。人間的な魅力があるからこそ、その人と一緒に、苦労して難局を乗り切ろうと思えるわけです」(外島氏)

ディレールメントしないために

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,016文字

/

全文:2,032文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!