J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年11月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 人にフォーカスしたコミュニケーションで 組織の信頼関係を構築する

デジタルコンサルティングとインターネットメディアを主軸に、事業を展開するSpeee。社員は300名を超え、今、勢いに乗るベンチャー企業のひとつである。
経営陣は30代、社員の多くは20代という若い組織で、社員の育成施策を一手に担うのが、社長室HR戦略の森下忍氏だ。現在、認定資格を持つコーチングの専門知識や前職の経験を活かしながら、“気持ちの通う組織づくり”に勤しむ。
そんな森下氏と人事の出会いは、意外なところにあった。

残り:4,024文字

/

全文:5,365文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


Speee
社長室
HR戦略

森下 忍(Shinobu Morishita) 氏
外資系航空会社に新卒入社し、キャビンアテンダントとして香港で勤務。帰国後は精密加工装置メーカーや化学メーカーで役員秘書、ベンチャー企業で管理職を経験。化学メーカー在籍時にCTI 認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)を取得。人事部ではコーチングを活用した人材・組織開発に従事する。2016年より現職。

会社紹介
Speee
2007年設立。「解き尽くす。未来を引きよせる。」というミッションの下、ビジネスデベロップメントにより、社会に存在するさまざまな課題の解決に取り組む。デジタルコンサルティング事業、インターネットメディア事業、医療事業や東南アジアでのHR事業など幅広い領域に展開。ネイティブアド配信プラットフォーム「UZOU (ウゾウ)」、不動産査定サービス「イエウール」などを提供する。
資本金:1301万5000 円、従業員数:約350 名(2017年9月現在)

取材・文/田邉泰子 写真/編集部