J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年11月号

OPINION2 知覚こそ知性の根源 データ×AI時代には 知覚の深さが人間力の中心になる

脳神経科学者であり、経営コンサルティングやデータサイエンス・AIなど、
多分野に精通する安宅和人氏は、AIによる自動化が進めば進むほど
人間とは何かが明確になってくると強調する。
特に脳神経科学的な視点で、人と機械はどう異なるために、どう共存することになるのか。
また、どのように、何を学ぶ人が今後生き残るのかなどを聞いた。

残り:4,737文字

/

全文:6,316文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


安宅和人(あたか かずと)氏
ヤフー チーフストラテジーオフィサー

1968 年富山県生まれ。東京大学大学院生物化学専攻にて修士号修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社後、2001年、イェール大学にてPh.D取得(脳神経科学)。2008 年ヤフーへ移り、COO室長、事業戦略統括本部長を経て、2012 年より現職。データサイエンティスト協会理事。応用統計学会理事。慶應義塾大学SFC特任教授。経済産業省産業構造審議会新産業構造部会委員、人工知能技術戦略会議産業化ロードマップ副主査など公職多数。著書に『イシューからはじめよ』(英治出版)。

[取材・文]=佐藤鼓子 [写真]=編集部