J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年10月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 高い専門性と学びを通じて鍛える人間力 T字型人材の育成で“個の力”を強化する

日本を代表する商社のひとつ、三井物産。常務執行役員で人事総務部長の小野元生氏は、自身も鉄鋼営業部門で、海外に赴任し貿易実務、事業投資に携わってきた生粋の商社マンである。
現場をマネジメントしていた頃から、人の育成に対する関心は高く、「商社は“人”が全てである。だからこそ、人事は重要な存在なのだ」と語る小野氏。育成に対する思い、そして近年取り組むさまざまな改革について話を聞いた。

残り:3,970文字

/

全文:5,293文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


三井物産
常務執行役員
人事総務部長

小野元生 (Motoo Ono)氏
1982年入社。以来、鉄鋼製品関連のビジネスに従事。90年北京事務所、98年台湾三井物産駐在を経験。2007年ペンシルベニア大学Wharton School AMPに留学。09年経営企画部業務室長、11年鉄鋼製品本部エネルギー鋼材事業部長、13 年執行役員上海三井物産社長などを経て15年より現職。

会社紹介
三井物産
1947年設立。マーケティング、ファイナンス、ロジスティクスなど5つの機能を強みに、金属、エネルギー、生活産業など6つの事業分野を世界各国で展開する。コーポレートスローガンは、“360° business innovation”。
資本金:3414億8164万8946円(2017年3月31日現在)、連結収益:4兆3000 億円(2017年3月期)、連結従業員数:4万2316名(2017年3月31日現在)

取材・文/田邉泰子 写真/編集部