J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年10月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 基本の徹底と、ブレないDNAが 組織の成長と変化を支える

今年創業90 周年を迎えたスーパーマーケット、成城石井。
おいしさや品質にこだわった品揃えが、消費者の高い支持を集め、店舗数を着実に増やしている。
そのこだわりを実現するのが、調達から製造、物流まで、ほぼ自前で行う独自の仕組みであり、それを支える人材だ。
同社の人材育成方針について、原社長に聞いた。

残り:3,963文字

/

全文:5,284文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


原 昭彦(Akihiko Hara)氏
成城石井 代表取締役社長
生年月日 1967年9月23日
出身校 駒澤大学経営学部

主な経歴
1990年4月 成城石井 入社
2006年7月 営業本部商品部 部長
2007年1月 執行役員 営業本部
本部長 兼 商品部部長
2008年2月 執行役員 営業本部
本部長 兼 店舗運営部部長
2010年5月 取締役執行役員 営業本部 本部長
2010年9月 代表取締役社長
現在に至る

企業プロフィール
成城石井
1927年、東京都世田谷区成城にて食料品店として創業。1976 年、スーパーマーケットとして営業開始。「商品が生み出される全てのプロセスにこだわり、その結果開発された商品を提供することでお客様に喜んでいただくこと」を基本戦略とし、世の中の低価格路線とは一線を画す。近年は毎年10店舗のペースで出店しており、店舗数は150を超える。2014 年、ローソンの100%子会社となった。
資本金: 1億円、従業員数:5221名(内、社員955 名)(2016年12月現在)

インタビュー・文/増田忠英
写真/小林 淳