Part4 企業家たちは振り返る 座談会 激動の10年と人事・人材開発の今後

21世紀を迎え、ちょうど10年。日本の組織はさまざまな時代の試練に直面してきた。経営環境が厳しくなり、自律的な働き方や「個の力」が求められるように。一方で、組織の絆は薄れ、新たな人と人の結びつきが必要とされている。人事に期待される役割はこの10年間にどう変わったのか。人事・人材開発の最前線で新たな課題に挑む4氏に語ってもらった。

残り:6,571文字

/

全文:8,761文字

この記事は会員限定です。
無料会員登録すると、
続きをお読みいただけます。
2,500本以上の人事・
人材開発専門記事が読める!
無料で読み放題 会員登録する
会員の方 ログイン
TOPに戻る