J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年12月号

Part3 識者は振り返る② 下山博志 ― 「組織」から「個」への10年

人づくりの10年間を振り返ると「組織」から「個」へと、重点が切り替わったことが浮き彫りになる。組織が個人のために何かをする時代から、個人が何ができるかを問う時代へと転換したのだ。人事部は、個人が企業内だけで育つのではないと認識を改めたうえで、個人の想いを丁寧に汲み取って育てていくことが求められるだろう。

残り:3,077文字

/

全文:4,102文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

下山 博志(しもやま・ひろし)氏
人財ラボ代表取締役社長
1977年、日本マクドナルド入社、リクルート部長、人事本部トレーニング部長を経て独立。2004年、人財ラボを設立して代表取締役社長に就任。早稲田大学大学院修了。技術経営学(MOT)修士。ASTDインターナショナルジャパン副会長。

取材・文・写真/吉崎 透